世界最大のビールコンテスト、”ワールドビアカップ2014”で伽羅-Kyara-がシルバーアワードを受賞!

2014.04.17 | コミュニケーターから, ビール職人から, プレスリリース, 受賞
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 世界最大のビールコンテスト、”ワールドビアカップ2014”で伽羅-Kyara-がシルバーアワードを受賞!
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]

 

”ワールドビアカップ2014”で伽羅-Kyara-がシルバーアワードを受賞!

 

※ COEDO_2014_WBC プレスリリースはこちらからダウンロードいただけます。

 

WBC_silverkyara-2_bincan&glass_cmyk_s 

 

2014年4月11日、アメリカ合衆国コロラド州デンバーで開催された”ワールドビアカップ2014”においてAmerican Style Amber Lager部門のシルバーアワード(銀メダル)を受賞いたしました。 2014年は、過去最大の58カ国1403ブルワリーから4754種のビールが味を競い、日本からエントリーされた23社71種の中で入賞したのは【COEDO 伽羅-Kyara-】を含むたった3種のみという狭き門でした。

コエドビールは、2010年にワールドビアカップに初出品し、薩摩芋を利用した【COEDO紅赤-Beniaka-】がスペシャリティビア部門でシルバーメダルを受賞いたしました。今回は、それ以来の受賞となります。

COEDOは、”Beer Beautiful”をコンセプトにまったく色・味の異なる5種類を揃え、ビール本来の豊かな味わいと『ビールを自由に選ぶ』という新たな楽しみ方を提案しています。 ビールの伝統的な消費地域である欧米において、1996年から18年に渡り真摯にビール作りを続けてきたコエドブルワリーは、日本発のクラフトビールブランドとして世界に認められました。

BD2F9688

授賞式の様子 :

左 代表取締役社長 朝霧重治 中: 醸造主任 植竹大海
右 ブルワーズアソシエーション(BA)会長 チャーリー・パパジアン氏

 

ワールドビアカップとは
アメリカのコロラド州で発足したブルワーズアソシエーションが主催するビール専門のコンペティションとして1996年より隔年で実施されており、ビールのオリンピックとも称される世界最大規模の権威あるコンクール。http://www.worldbeercup.org/

 

ワールドビアカップ2014
開催地:コロラド州デンバー
評価会:2014年4月7日~9日
受賞者発表及び授賞式日時:2014年4月11日(金)19:30-
会場:グランドハイアット・デンバー
参加メーカー数:1403
出品ビール数:4754
参加国数:58
ジャッジ(評価者):31カ国219名
COEDOの受賞内容:American Style Amber Lager部門
シルバーアワード(銀メダル)

■COEDO 伽羅 -Kyara-

赤みがかった深い黄褐色、伽羅(きゃら)色のビール。 白葡萄やスパイシーな柑橘を感じさせるアロマホップが香り、 鮮やかで綺麗な苦味とともに口の中に広がります。6種類の麦芽の配合とやや高めのアルコール分が、味の膨らみと 丸みあるミディアムボディを織り成しています。低温発酵ラガー酵母による、飲み応えがありながらもきれていく心地よい後味です。
・原材料 : 麦芽、ホップ ・アルコール度数 : 5.5% ・2012年5月リニューアル ・容量 : 333㎖ボトル、350㎖缶、20ℓ樽生

 

~ワールドビアカップ2014授賞式に寄せてのコメント~

===================================================

■ コエドブルワリー 代表取締役社長 朝霧重治

『よく頑張ったね。』とビールを誉めてあげるような気持ちが湧き上がってきました。僕達クラフトブルワリーは「いきものがかり」であり、クラフトブルワリーにとってはビールも単なる「モノ」ではありません。そして、この世界最大のビールコンペティションでの受賞には、日々酵母と共創し実際にビールを醸している職人達も喜びは一際です。
誕生時の伽羅は、黄金色のトラディショナルなピルスナースタイルから、個性豊かなビール達へと自然に繋ぐ橋渡し役がその役割でした。黄金色でシンプルなピルスナースタイルの瑠璃とくらべて、色は茶褐色でホップと酵母が造る穏やかな果実味とミディアムボディの麦の旨味が心地よいナチュラルで柔らかな差違が特徴でした。その後、日本のお客様の間で自然に醸成されていった「もっとビールの個性を楽しみたい」という雰囲気にお応えすべく、橋渡し役から一つの個性へと、約二年の歳月を費やし、酵母を選び、レシピを考え、醸造の試行錯誤を繰り返し、2012年にリニューアルしたのが現在の伽羅です。新製品とせずリニューアルとしたのは、ビールの定性的な表現としては、橙がかった茶褐色で香りあるライト~ミディアムボディのビールとして、変わっていなかったからでした。
現在のスタイルの伽羅にとっては、二年に一度開催されているワールドビアカップにも今回が初出品になりました。今の伽羅の味わいを言葉で表現するのであれば、主としてホップに由来する白葡萄やスパイシーな柑橘の香りをトップノートに、モルトの甘味と苦味のバランスを中間で感じながら、スッキリと最後は口中できれていく褐色、伽羅色、のビールです。その色合いと薫りから香木の伽羅になぞらえて名づけられています。
リニューアル前のかつての伽羅は、スタイルとしてはメルツェン(※)であり、ヨーロッパの品評会でもメルツェン・スタイルとしてメダルのお墨付きをもらっていたビールでした。当時定番の中核をなしていたその伽羅を変えることには、メーカーとして議論や逡巡もありましたが、メーカーの勝手なエゴや保身ではなく、究極的にはお客様の体験の向上を是としてリニューアルを決断したものです。僕達COEDOはいつでも前を向いて歩いて行きたいと思っています。
ところで、現在の伽羅はビール界において目下公的な確固たるスタイルはなく、COEDOのオリジナルで、Brewers Associationの定義するアメリカンスタイルアンバーラガーが近似しています。ビールのスタイルを知り、それを道標としてビールの楽しみをナビゲートする方達も増えてきています。もちろん道標は有効ですが、でも、そこに縛られ過ぎる必要はありません。ビールとの出会いも人の出会いと同じで、『好み』を感じることができるのは、僕達造り手でもなく、批評家でもなく、飲み手のみなさんだけなのです。僕達はナビゲーションをお手伝いすることはできますが、自由に楽しんでいただければと思います。
伽羅がそうであるように、ヨーロッパで発展したビール文化は、定型を離れどんどん自由になり、今、まさにビールのルネサンス期ともいえるおもしろいイノベーションの時代を迎えています。リアルタイムにこの時代を過ごせる僕達の幸運に感謝します。

Beer Beautiful

朝霧 重治

===================================================

■ 醸造主任 植竹大海

伽羅がAmerican Style Amber Lagerカテゴリーでシルバーを受賞し大変嬉しく思います。伽羅は2012年にリニューアルし、スタイルや味わいを一新したビールです。開発には長い時間をかけ、自分達が納得いく仕上がりになるまで試作を繰り返していました。
またリリース当初、ニュージーランド産のホップを贅沢に使用した非常にホッピーなラガーというスタイルはまだ日本では馴染みが薄く、実際にリリースされ、お客様からの反応が帰ってくるまでは不安でいっぱいだったことを覚えています。それだけに今回の受賞は非常に感慨深いものとなりました。
今後もこの受賞に甘んじることなく品質の向上と安定に努めるよう、気持ちを新たに努力して参ります。
日々精進。

植竹大海

===================================================

※メルツェン:ドイツ南部起源の褐色から赤銅色の液体 色に麦芽の風味が豊かな長期低温熟成ビール。歴史的には冷凍機の発明以前に寒冷な気温下での仕込みが可能な最終期3月に生産が行われてきたことからドイツ 語で3月を意味するメルツェン(Märzen)と呼ばれている。

 

▼写真素材のご要望等、掲載・取材に関するお問合せ先▼
COEDO PR Support:株式会社ハウ 小池美紀
miki@how-pr.co.jp Tel:03-5414-6405、 Fax:03-5414-6406
▼読者問い合わせ先 (クレジット記載) ▼
コエドブルワリー Tel:049-259-7735 https://www.coedobrewery.com

 

▼製品のお取り扱い関するお問合わせ先▼

株式会社協同商事COEDOBREWERY 三芳工場
Tel: 049-259-7735 Fax: 049-259-9955
〒354-0045埼玉県入間郡三芳町上富385-10
URL:https://www.coedobrewery.com
info@coedobrewery.com

 

” World beer cup 2014 ” COEDO -Kyara- ” won the Silver Award

 

April 11, 2014, COEDO( Kawagoe City, Saitama Prefecture , President Asagiri Shigeharu ) received the silver award for the style of American Style Amber Lager at “World Beer Cup 2014” held in the United States of America Colorado Denver “.

In 2014 , 4,754 beers from 1403 Brewery 58 countries, in the largest ever , competed for medals. From Japan 71 beers from 23 breweries entered and only three beers achieved medals.

COEDO’s first medal in the world beer cup was the silver medal which COEDO Beniaka, Imperial Sweetpotato Amber, received in the specialty beer category.

 

World beer cup

It has been held every two years since 1996 as a beer competition. Brewers Association that was founded in Colorado in the United States is the organizer and it is known as the most prestigious contest, referred to as the world’s largest contest or Olympics of beer . http://www.worldbeercup.org/

 

World beer cup 2014

Venue: Denver, Colorado

Evaluation Board:  April 7 to 9 , 2014 :

Award Ceremony Date: April 11, 2014 ( Friday) 19:30 –

Venue: Grand Hyatt Denver

Breweries : 1403

Beers: 4754

Countries : 58

Judge: 219 people from 31 countries