COEDO

NEWS

この度、COEDO Craft Beer 1000 Labo #0010 「一陽来復- Ichiyo Raifuku 2017 -」が飲食店様向け樽生限定商品としてリリースされます。一陽来復とは「冬が終わり、暖かな春のきざしが訪れる」という意味があり、現代の「冬至」を指す言葉として知られています。

 

日本では、その昔から栄養価が高く保存性の高い野菜である「かぼちゃ」を食物が少なくなる冬の滋養物として冬至に食してきました。「冬至のかぼちゃ」は古くから伝わる日本人の知恵なのですが、一方では、たくさんのかぼちゃが冬至まで完全な状態で保存することができず、部分的ないたみにより大量に廃棄されてしまっています。

1970年代からFarm to Table and Organic(産地直送・有機)に特化した農業に携わってきたCOEDO の母体・協同商事の知見を活かし、かぼちゃのいたんでしまった部分を一品一品ていねいに手作業で取り除いて再生させ、「一陽来復」、春の訪れを感じ始める冬至に、日本スタイルのパンプキンビールとして醸造しました。

 

 

3月中旬より川越市内飲食店さん、COEDO Craft Beer 1000 Labo併設の香麦-Xiangmai-さんなどでお楽しみいただけます。

Labo #0010 「一陽来復- Ichiyo Raifuku 2017 -」をどうぞ宜しくお願いします!

 

 

【商品概要】

◆商品名:「一陽来復- Ichiyo Raifuku 2017 -」

◆原材料:麦芽、かぼちゃ、ホップ、柚子皮

◆ABV(アルコール度数):4%

◆IBU(苦味):10

◆色合い:ホワイトゴールド(酵母入り無ろ過)

 

【お問い合わせ先】

COEDOクラフトビール醸造所

埼玉県東松山市大谷1352

カスタマーコミュニケーションチーム

https://www.coedobrewery.com/jp/

TEL:0570-018-777

 

 

Related