COEDO

NEWS

 

コエドビールは、「堀口珈琲」とのコラボレーションビール「澄虎-Sumatera-」の出荷を2019年7月16日(火)より開始いたします。

コラボレーションにあたり、醸造過程で堀口珈琲のコーヒー焙煎豆を使用し、ラガースタイルのコーヒービールに仕上げました。今回使用したコーヒー豆「LCFマンデリン」は、インドネシア・スマトラ島から届いたばかりのフレッシュな生豆を堀口珈琲の横浜ロースタリーで焙煎したものです。良質なマンデリンには若草やヒノキ、マンゴーなど多様な味わいが感じられますが、今回はフレッシュなマンデリンならではなのフルーティーさを活かした焙煎になっています。ローストとブルーイングのプロ同士が互いの強みを掛け合わせて生まれた特別なコーヒービールをお楽しみください。

一般発売は、堀口珈琲世田谷店(7月中旬より喫茶メニューとしてビールカップでご提供。瓶での販売はございません。)、全国の酒販店、飲食店、COEDOオンラインショップにておこないます。取り扱い店舗については、随時コエドビールのウェブサイトにてご案内を予定しています。

暑い夏にアイスコーヒーを楽しむ様な清涼感あるビールです。どうぞお楽しみください、乾杯!

 

堀口珈琲について http://www.kohikobo.co.jp/

「THE NEW COFFEE CLASSIC」をブランドコンセプトに、コーヒーの価値を高め、みなさまの豊かな暮らしに貢献することを目指しています。コーヒー豆の焙煎(ロースト)と販売を中核業務として、コーヒー生豆の販売や喫茶店の運営も行なっています。スペシャルティコーヒー専門店として、最高品質(ハイエンド)の生豆だけを使用。長期的な信頼関係を有する生産者からその多くを調達しています。昨今の風潮とは一線を画しシングルオリジン(ストレート)や浅煎りに偏重することなく、ブレンドや深煎りも重視。多彩なシングルオリジンとともに、定番ブレンド9 番、期間限定の特別ブレンドをラインナップしています。2019年3 月に新たな焙煎施設「横浜ロースタリー」を開設し、当社のコーヒー豆の品質をさらに向上させる取り組みを進めています。これからも品質に裏付けされたおいしさを追求し、独自の価値を提供しつづけます。

 

商品名: COEDO × 堀口珈琲 / 澄虎-Sumatera-(※読み方は「すまとら」)

原材料:麦芽、コーヒー豆(マンデリンシティロースト)、ホップ

内容量:630ml大瓶、10ℓ樽(飲食店専用)

アルコール度数:6.0%

希望小売価格(大瓶):850円/税抜、(生樽):価格は以下問い合わせ先まで

 

問い合わせ先

株式会社協同商事コエドブルワリー カスタマーコミュニケーションチーム

TEL:0493-39-2828 | FAX:0493-39-2848

E-Mail:info@coedobrewery.com

※ご相談やご不明点ございましたら、各担当まで御問合せください。

Related